裏ブログ

「裏」を求めるブログ

死について

死について

※以前、ある人に向けて書いた記事を、そのまま掲載します。

 

 

f:id:theurablog:20170324035408p:plain

 


そろそろ、この事について書く時だと思います。

少しだけ、時間が取れたのと、今なら書けそうな気がするので。


前置きしておくと、これから、重い話をします。

 

 


二週間前の事です。

私は、いつも通りの朝、バイクを走らせていました。
車の通りの多い、大通りです。

 

通勤の時間帯、ひっきりなしに車が行きかっていました。
誰もかれも急いで車を走らせている中で。

私は、前方の異変に気付きます。

 

トラックが、交通量の多い中で、停車していました。

そして、倒れている水色の自転車と。

 


車道のわきに、横たわっている人の姿。

 


何が起きたかは、一目瞭然でした。


私は唖然として、急いでバイクを傍に乗りつけました。

倒れているのは、40代ほどの女性。

頭部からの出血。白目に近い状態で、呼吸音が聞こえます。
動悸は荒いですが、上下する胸が、息がある事を現わしています。

一見すると出血だけ。


状況を確認した後、私は携帯を取り出して通報しようとします。
ですが、119は初めてダイヤルするナンバーで、それを思い出すのに手間取り、近くの通行人に尋ねてダイヤルしました。

私も、冷静さを欠いていたのでしょう。

ほぼノーコールで、女性の声が返ってきました。

可能な限り明確に、私は現場の状況を伝えました。

救急車が来たのは、5分ほどだったでしょうか。
驚くほど速い到着でした。

同時に駆けつけてくるバイクに乗った警官等。

仕事場に連絡し、救急隊員の方に声をかけたうえで、私はバイクにまたがりその場を後にしました。

 

人の命を救う事に、一つ貢献できた。

気持ちのいい目覚めではなかったにせよ、そういう思いがありました。

 

 

それから、二週間ほどたってからでした。

朝、通勤途中の私の前に、立て看板の姿が飛び込んできます。


「~月~日の、自転車と自動車の接触事故を目撃した方は~~~」


そんな立て看板。


…対応が遅いだろう、こんなに時間が経っては目撃者が忘れるじゃないか

そう思い、前に目を向けた私の目に。

 

 

 

 

 

 

道路の隅っこで、ぽつりとガードレールに括り付けられた花束が映りました

 

f:id:theurablog:20170324035151p:plain

 

 

 

その時の思いを、どう表現すれば良いでしょうか。

  

あの人を轢き殺した人が、どこかにいるという、そんな呆然とした事実。
その人は、今もこの道路を使い、あの花束を見ているのだろうか?

もしくは。


無茶な運転で、人が死ぬという現実を目の当たりに、公道の怖さを思い知ったか。


もしくは。


あの時、自分がもっと早く救急車を呼べていたなら。
医療上適切な処置を、もし取るだけの技能があったなら。


駆け巡った思いは、一言で表せるものではありませんでした。

 


けども、真っ先に思い浮かんだこと。

それは、

 

人って、死ぬんだ、と。

 

そんな当たり前の事実と、


受け止められない位に大きくて、真っ白な…きっと、恐怖だったと思います。

 


ああ、自分も、いつああやって死ぬか、分からないんだな、と。

 

 


例外は無いのですから。


お金があっても、心を繋いだ友達がいても、高い地位を得ても。


例外なく、人は死にます。

 


そんな、当たり前のことを、現実の冷たさを、心臓にまで直に押し付けられて、思い知らされたような感覚。

 

 

 


この事から、何か意味のあるテーマをお伝えするつもりはありません。


ただ、ありふれた、事実です。

 


人は死にます。


どんな死に方であれ。
その可能性は必然であり、生きとし生ける者に例外なく、常に存在する確率です。


0%になることは、あり得ません。

 

 


…だから、後悔なく生きようとか、

いい死にざまにしよう、とか。

 

 

そんなの、ただの気休めです。


そんなもので恐怖を紛らわせようが、どんな折り合いを付けようが、人は死にます。


生きている間に構築した、いかなる財産をもこの世において。

 

 

 

当たり前のように知っていて、忘れていたそれに、出会って、それを改めて感じた。

ただ、それだけの話でした。

 


それをしって、受け止めて、どうするか。


それこそ、人それぞれという物でしょう。

 

 


私の中には、すでに、その問いに対する答えは用意されています。

 

準備はまだ全然できていないですし、

生きてる間にやらないといけないことは、まだまだたくさんあります。

 

それでも死ぬ時に、やり残したことがないように、

しっかりと覚悟を持てるように、

今日も私は全力で生きていきたいと思います。

 

これからもそのために、

色々な人の生き方を知って、学んでいくために、

記事を書きたいと思います。

 

私自信が後悔なく生きるために、

今の時期は、このブログを運営していきたいと思っています。

 


以上です。
読んでくれて、ありがとうございました。

 

 

 

この記事を読んだほかの人は、こんな記事も見ています。

urablog.hatenablog.jp