読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏ブログ

「裏」を求めるブログ

はじめしゃちょー

はじめしゃちょーの本音とは?

f:id:theurablog:20170324015320p:plain

はじめしゃちょーは、日本のYouTuber。2016年12月現在、日本国内でYouTubeチャンネルの登録者数が最も多い人物。UUUM所属。 愛称ははじめん、もやしなど。血液型はAB型。
 
あなたは、はじめしゃちょーの何を知りたいですか?
 
裏ブログでは、これから
 
はじめしゃちょーの最近話題になっている二股(実は三股?)疑惑と、
はじめしゃちょー画像紹介。
 
はじめしゃちょー経歴
はじめしゃちょーのエピソードについて。
 
独自の視点からまとめていきたいと思います。
 
そして、裏ブログは上を踏まえて、
 
はじめしゃちょー人物分析・解析
はじめしゃちょー本音
 
をズバリと分析します。
 
はじめしゃちょーのことを、これから詳しくわかりやすくまとめていきます。
 
裏ブログ①:はじめしゃちょーの二股
 
さて、Youtubeで第一線の活躍を誇る、
はじめしゃちょーの最近の話題と言えば、
 
木下ゆうかさんとの二股疑惑ですね。
 
同じyoutuberの木下ゆうかさんの画像。
 

f:id:theurablog:20170324020027p:plain

 
ただし、それではすまない問題のようです。
 
配信者に女が、私ははじめしゃちょーと付き合ってたと暴露
→しかもモデルとも付き合って2股されてた
→それを見かねた木下ゆうかが泣きながら凸
3股確定
 
裏ブログの見つけた記事によると、
なんと三股という噂まで飛び交っている始末。
相当な女癖の悪さがうかがえます。
 
ただし…おそらく、三股ですら済まないでしょう。
 
貞操観念は、ほぼないと思われます。
 
女性Youtuberとのほかの交流もありますので
まだまだこれから発覚していきそうです。
 
裏ブログ②はじめしゃちょーの経歴の考察:
 
はじめしゃちょーの経歴・活動についてざっと見てみますと…
 

f:id:theurablog:20170324020210p:plain

 
このように、奇抜で斬新な企画を打ち出して、
たくさんのファンの心をつかむ人物と言えるでしょう。
 
圧倒的な行動力と天真爛漫さがはじめしゃちょーの武器。
 
とはいえ、はじめしゃちょーの人柄として、
超楽観的で、あまりしっかりと物事を考えない人ということも言えます。
 
頭の回転は速い。
しかし、考えない。
 
リスクがリスクに見えない。
ブレーキが付いていない。
 
根っからのエンターテイナーですね。
 
自分の欲望とインスピレーションに忠実な人物と言えるでしょう。
 
裏ブログの見解:
 
はじめしゃちょーの今後の展開とは…

f:id:theurablog:20170322041327j:plain

今後も、落ち目になることはないでしょう。

 

というのも、これははじめしゃちょーの選んだ仕事のスタイルと関係があります。

 

実際、はじめしゃちょーのことで世間が話題になればなるほど、

はじめしゃちょーの動画は再生されて、彼に収入が行くようになっているのです。

 

今回の騒動は、はじめしゃちょーにとってはむしろ「追い風」です。

 

ただ、長期的に見れば……

はじめしゃちょーは消えることはありませんが、

今以上のブームを起こすことはないでしょう。

 

これから必ず、飽きられていきます。

 

裏ブログの結論:

 

はじめしゃちょーの本音とは?

 

「やっちゃったなあ…まずいなあ…嫌われるなあ…」

 

 「でも、もっと面白い動画出していけばいいよね!」

 

「しばらくして落ち着いたら、ファンのみんなのためにまた動画出そう!」

 

はい、これが本音です。

 

今回の騒動が計算で行われたということはないでしょう。

単純に、はじめしゃちょーは 欲求の赴くままに女性と関係を持ってしまったということです。

 

 評判は悪くなりますが、

はじめしゃちょーは

より目立ち、よりエンターテイメントとして輝く!

 

というモチベーションに対してどこまでも純粋です。

 

なので、

はじめしゃちょーが落ち目になる可能性は…

 

「法的に取り締まられる」

「心身に異常をきたす」

 

までは、はじめしゃちょーの 活動は止まらないでしょう。

 

 

ただし、栄枯盛衰、

精神性が伴っておらず、

これから時代の流れに飽きられていくタイプです。

 

 

 

 裏ブログの結論はいかがでしたか?

 

 

はじめしゃちょーの記事を見ている他の人は、 こちらの記事も見ています。

 

urablog.hatenablog.jp