裏ブログ

「裏」を求めるブログ

石原慎太郎

人物像とは?

f:id:theurablog:20170322112501p:plain

石原 慎太郎(イシハラシンタロウ)

生年月日:1932年9月30日 (84歳)
出身地:須磨区
学歴:一橋大学
石原 慎太郎は、日本の元政治家、作家 参議院議員環境大臣運輸大臣東京都知事衆議院議員日本維新の会代表、共同代表、次世代の党最高顧問を歴任した。

裏ブログの結論:

 

さて…そんな石原慎太郎さんの評価は……

f:id:theurablog:20170322041327j:plain

精神的にタフであり、また、勝負強さも兼ね備える石原 慎太郎さん。

 

非常に理知的で社交性もあります。

権力を維持し、着実に伸ばしていく政治家として、非常に優秀。

 

裏ブログから見る石原 慎太郎さんは、パフォーマンスの勝負どころと押さえるところをしっかり分ける、勝負師としての面を持っています。

 

石原 慎太郎さんは、女性関係や隠し子が騒がれることがありましたが、

少々のバッシングをうまくかわす器量があるので、よほどのことがなければ致命傷にはなりえない。

それが、裏ブログの見解です。

 

石原 慎太郎さんは高齢ではありますが、健康である限りは政治・作家の生き方を全うすることでしょう。

 

 

f:id:theurablog:20170322112712p:plain

 

これが石原慎太郎さんの勝負所での表情ですが、

全く乱れがない。

さすが大物、です。

 

石原慎太郎さんは、公の場におけるパフォーマンスに、非常にたけています。

 

今自分が言うべきことは何か、社会的なバランスと主張すべき勝負を、

明確に判断できる人物です。

裏ブログで扱う人物の中でも随一です。

 

と、ここまで書いてみて、裏付けとなるエピソードが出てきました。

 

石原君が西原君だったかもう一人の学生とやって来て、その雑誌が出来たのだが、金が足りなくて印刷所から引きとれないと言って、七千円だったか八千円だったかの金がほしいと言った。そのときも私は石原という名前を知らず、背の高い学生だな、と思っただけである。だが、そのもらい方がとてもよかったことが印象に残っている。押しつけがましくもなく、しつこく説明するのでもなく、冗談のようでもなく、素直さと大胆さが一緒になっている、特殊の印象だった。すぐ私は出してやる気になった。そのあとで私は、妙な学生だな、あれは何をやっても成功する人間かもしれない、と考えた。— 伊藤整石原慎太郎君のこと」

 

はい。

押し引きが非常に上手です。

 

公認会計士になるために一橋大学に入学したものの、会計士には向かないことを自覚した慎太郎は、休刊していた一橋大学の同人誌『一橋文藝』の復刊に尽力する。ある日、神田の一橋講堂で「如水会」(一橋大学OB会)主催の公開講座にOBの伊藤整が来た際、受付にいた慎太郎は伊藤の講演記録をとり、それを『一橋文藝』に掲載してもよいか伊藤に訊ねた[10]。その翌年、同人誌は刷れたが金が足りずに困り、慎太郎は友人と久我山に住む伊藤に資金援助を頼みに行った。その時のことを伊藤は以下のように述懐している[10]

 

石原慎太郎さんは同時に、社会的な意欲が強く、また、行動に起こせる人物でもあります。

 

しかも、人間関係が上手く、相手の心の変化を理解できる機転もある。

 

裏ブログの見方では、石原慎太郎さんは政治家として、必要な要素を持っています。

 

弱点……

 

ニートラップには要注意、でしょうか。

 

 

政治というのは、あくまで闘争の世界です。

 

政敵の中で自分の主張を通し、

策略の中で生き残る。

 

それには、自己成長以上に、周囲の人間関係と、

世論の中で生き残るバランス感覚が必要です。

 

多少のバッシングを平然とかわして見せる、

精神的なタフさが必要です。

 

石原慎太郎さんは、その持ち主ですね。

 

 

ダイレクトにスキャンダルで引きずり落とす政敵がいて、

戦ってこそ本分の政治家。

それは、芸能界よりも厳しい世界だといってもいいでしょう。

 

裏ブログの結論として、

そこを生き抜く強さを持つ 石原慎太郎さんの活躍は、今後も期待できるでしょう。

 

urablog.hatenablog.jp